チリの風 その1095 2024年5月6日ー12日

寒くなりました。サンティアゴの最低気温は零度まで下がっています。何だか夏から一気に冬になったようです。
天気予報が当たって火曜日はかなりの雨でした。10キロ走るつもりで外に出たら1キロの所でポツリポツリと雨になりました。雨に弱い私はすぐにあきらめて家に戻りました。夕方、かなりの雨の中、用事があったので妻と外に出ました。行きはタクシーが見つかったのでそれを使いました。帰りは地下鉄に乗ったのですが、駅の外に出ると信号の所の道が水にあふれていました。妻はゴムの長くつをはいていたので問題なく道を渡りましたが、運動靴の私は川の幅の少ないところを見つけてジャンプ。4回ジャンプしたので、水の中にははまらなかったけどズボンが濡れました。家に帰ってすぐに着替えました。その日の雨量は30ミリでした。その晩、私の地区は2度も停電したので懐中電灯とろうそくを点けました。一部の地区では2日間も停電したとか。
もちろんその翌日にマラソン練習をしました。土曜日は登山教室でした。10数名の参加者で石碑コース。まだ派手な登山ではないですが、少しづつレベルを上げていきます。小さな子供が文句も言わず黙々と歩いていました。新しく知り合った方と話が弾んだのが嬉しかったです。その他に近くの丘歩きと近郊のマイポ渓谷歩きをしました。つまりマラソンと登山を6日間(1キロの練習を加えると)実施しました。寒い中、こうしてスポーツを楽しんでいます。
私はよれよれ爺さんの年代ですが、身体を動かすのを仕事と考え継続しています。いつが最後になるか分かりませんが、来週も頑張ります。

(政治)

1)ボリッチ動向
ボリッチは南の方に出張しました。例えばランカグアで電気バスの走行開始を祝いました。お疲れさまと言うかそれしかないと言うか。
世論調査で彼を支持するとしたのは24%で、大統領就任以来で最低の数字でした。一般市民も飽きてきたのでしょうね。
6月1日に年次教書を発表しますが、モネダ宮殿では心配の声が上がっています。社会安全を進め、経済の進展を確保し、年金・健康保険などの市民の安定を守るとしなければならないのですが、それらすべてに市民を安心させる方針が打ち出させるかとの疑問です。その通りですね。彼が新しい道を歩き始めるのは無理でしょう。味方の与党内で分裂ですから。
彼のアイデアだった増税から市民援助を増やすと言うのはほとんど動いていません。金持ちから所得税を取れば、一般市民は喜ぶだろうと言うアイデアでしたが、経済の停滞が心配され金持ちいじめも上手くいきませんでした。
先週に陸軍の兵隊が訓練中死亡した事故で、陸軍トップがモネダ宮殿に呼びだされ議論されました。人間の能力を超えたレベルの訓練をするのは陸軍の責任でトップレベルの将校が解任されるかもしれません。私の考えではその訓練の指示書を調べ、人権を無視したようなものならそれを訂正し、それが正常ならその訓練を指揮した上官に処罰を加える。それだけです。この問題から政府と軍隊が正面からぶつかるのは正常ではないですね。その訓練の場所は高地で温度が極めて低く、使用されていた服は極寒に適していなかったようです。
民営健康保険イサプレの法案が明日、議会で投票されます。多くの債務をもっている会社の支払い条件が問題になりますが、10年以上の猶予をもって払わせると言うことになるかもしれません。その支払いの中に契約者への返金もありますが、その対象者(何十万人)の中に私も入っているので、いつかそのうち幾らかの弁償が来るはずです。
2)与党の同意
今年の地方選挙で与党の10党とそれにキリスト教民主党が統一候補を出すことで同意しました。所がコピアポ市で現職の社会党市長を推すはずなのに共産党がそれを無視して社会党と揉めています。同意したことを守らない共産党は与党のメンバーではないですね。

(経済)

1)銅価格と為替
1ポンド4.5ドルと高値安定です。為替は1ドル931ペソとペソ高になっています。
2)今年の経済成長率
 OECDの推定ですが、ラテンアメリカで高い数字が見込まれるのは1位がコスタリカで3.5%、2位はチリで2.3%、3位はメキシコで2.2%です。さぁどうかな。
3)物価上昇率IPC
 4月のIPCは0.5%と予想を上回りました。1-4月の合計で2.2%、これも予想を上回っています。もちろん財務省は心配しています。
4)サーモン
銅とは重要度が違いますが、サーモンも重要案件です。毎年900-1000トンの生産があり、何とその98%は輸出に向けられています。もちろん日本にも大量に送られています。過去20年で、チリの産業で最も成長したのがこの分野です。現在の課題として自然汚染を抑えることが重要項目で、その次に生産量の増加とか、今年はどんな数字になるでしょう。
5)新車販売
新車の販売は20か月連続で前年を下回っていましたが、この4月は25490台と前年より31%も上向きました。それが継続するかな?テレビのニュースで中国の車ショーが報道されましたが、「こうした素晴らしい中国車がいつチリに来るのでしょう」とされました。中国のEV車は大混乱とは出ませんでした。

(一般)

1)マプチェ問題
マプチェの3つあるグループの一つCAM(アラウコ・マジェコ同盟)のリーダーのジャイツルが23年の懲役を受けました。彼は左翼革命のリーダーのようにマプチェを基礎に、ここではチリ人の好きなようにはさせないと過激な活動を始めました。そしてそれがマプチェ族の同意を受け、組織が発展しました。木材の盗伐や麻薬関係などから資本を作り、同盟軍は反政府運動で生活できるようになったわけですが、ここで彼が逮捕され有罪になりました。
CAMはこれから潰れていくのか彼の跡継ぎがさらに過激に行動するのかのどちらかですね。

(スポーツ)

1)サッカー
国内リーグ戦の結果は人気3チームはコロコロとカトリカは勝利。チリ大学は明日です。順位はチリ大学が首位・カトリカは5位コロコロは6位です。

以上