(経済)

1) 銅の国際価格
チリにとっての命の綱、銅の価格が下がってきました。1ポンド3.68ドルまで下がりましたが。これは3ヶ月ぶりの低い価格。とは言ってもこれはまだまだ余裕のある価格です。中国の3月の銅の輸入が前年対比4.6%下がったのが影響したようですが、建設ブームが遠くに去った中国の銅輸入はまだまだ下がりますね。

2) ガソリン価格の上昇
もう97オクタンのガソリンは855ペソまで来ました。日本と大して変わらないくらいですね。同じ輸入品ですがチリはガソリン税が高いですから。しかしOPECの生産量は昨年より増えているくらいで、消費量は増えていないのですか値段は下がっても良いと思いますが、現実は逆。だれかが値上げの戦略を立ててそれを実施しているわけですね。